事例

お客さまにより具体的に報酬をイメージしていただきやすいよういくつかのケースにわけて報酬サンプルを作成しました。ご参考にしてください。

ケース1

事業開始初年度、資本金300万円で会社設立。売上規模等は3年後に5000万円程度を見込んでいる。従業員は1名。
事業創業時につきましては、創業後3年を限度として原則年間30万円以内で記帳代行、年末調整業務等を含めてご契約可能です。ご相談ください。

ケース2

個人事業でサービス業。売上は1千万円程度、消費税は免税。自分以外に従業員はいない。自力で弥生会計に入力しているが、不安なのでまとめてチェックしてほしい。申告書も作成して欲しい。日々のアドバイスは特に必要ない。
年に一度の確定申告時期での一括報酬支払で15万円程度となります。

ケース3

資本金300万円の小規模会社。売上は4千万円、消費税は簡易課税。役員報酬と会社の利益をあわせても1千万円はいかない。従業員は2名。領収証の整理までは自社でやるがそのあとは会計事務所にまかせる。ときどき経営状況・税金対策の話をしたい。従業員の給料の源泉税の処理もしてほしい。
年額50万円程度となります。月々で平均すると月額5万円程度のお支払です。通常は月額3万円程度、決算時に15万円程度の分割でのお支払契約が一般的です。

ケース4

資本金1000万円の株式会社。売上は5億円、消費税は原則課税。役員報酬は社長一族合計で3000万円。従業員は10名。月に1回は会って話したい。従業員の源泉税の処理は社会保険労務士にまかせてる。
会計データの記帳を自社で行っていただくならば年額80万円程度となります。記帳も幣事務所で行うならば年額90万円程度となります。分割のお支払の方法はケース.3と同じく毎月の均等、毎月分と決算分の分割、などご相談に応じます。